P1のお仕事が終わるまで

新学期が始まって落ち着いた頃、登録していたP1のモデルエージェンシーから連絡があり某家具メーカーのコマーシャルのオーディションがあるというので、都合もつくしパパが連れて行く事になった。だいたいこういう連絡は必ず急に入って来る。オーディションの1週間前にメールで募集して、オーディションの時間10分前に電話で「脚本が変わって3歳以下の子どもを撮影する事になったから来なくていい」ってキャンセルされるし!!パパはたまたま休みの日だったけど、わざわざ休みをとった上に向こうからキャンセルしてたらどれだけ憤慨してただろう。しかしP1は年齢の割に小さいということでオーディションには結局参加して帰ってきた。 オーディションの様子を聞いたところ、1回目は親がいると子どもの気がちるということでパパから離され悲しいP1を椅子に座らせて、別のパパと一緒にテーブルで座っているところを撮ったらしい。全くやる気の出なかったP1は下を向いていたらしい。泣かなかっただけまし。しかし帰ろうとするところを次の子役が来なかったかなにかで、2回目の撮影をすることになった。今度のパパはコメディアンばりに面白かったらしく、P1は段ボールをかぶってふざけるくらい盛り上がったらしい。この撮影の時はP1のパパもカメラの後ろで見る事ができたらしい。私は今回の撮影を全く見ることができなかったのだが、パパから聞いたP1の様子が手に取るようにわかった。P1が最後にモデルをしたのは1歳半の頃。当時は歩く&よじ登るのが楽しい時期に寝転がってのフォトシューティング。じっとできないP1をなんとかシャボン玉でつって寝かせたが、写真なので瞬間じっとできればどうにかなる。それにPhotoshopで上手に修正できてしまうからどうにかなった。だけど今回はフィルムなのでP1がどこまでやる気になるか、そして嫌で泣いたりしないかかなり心配だった。 1回目のP1の撮影の様子を見て戦法を変えたのか、次はエージェンシーから「P1がリラックスできるようにP1の友達を連れてきてほしい」というリクエストがあった。私としてはなぜ私たちが子どもを集めないといけないのか?と思いつつも、P1が楽しむだろうからとクラスメイトを2人連れていくことにした。P1の友達の親達も撮影所までついて来るのをアレンジするのが大変だっただろうに、兄弟連れでもきてくれた。友達が3人も集まると皆撮影所ではしゃぎまくり、子ども達は楽しんでオーディションを終えたらしい。でもこの撮影の時もその後も全くP1が選ばれたという連絡はなかった。 撮影の1週間前だろうか、エージェンシーからメールでP1ともう一人のクラスメイトが撮影に選ばれたという連絡をもらった。そしてその日からは毎日エージェンシーと細かい連絡をとる。クラスメイトの親は共働きなので昼間の連絡が大変だったらしい。撮影の場所が言い渡されたのは3日前くらいだった。 撮影の日、この日までにP1に仕事とはどういうもので仕事をすると報酬がもらえる(から君の好きなおもちゃが買える)ものだと言い聞かせていた。撮影が仕事だと言う感覚がないP1には、彼の世界のもので説明するしかなかった。毎日撮影に対してネガティブになったりポジティブになったりを繰り返したP1だが、当日はパパに連れられてP2と楽しそうに出かけていった。普段の学校より早く出かけ、そして夕方になってようやく帰ってきたP1は買ってもらったおもちゃに興奮していた。 のちに様子を聞くと、待ち時間が長かったためもって行ったDVDが皆の役に立ったこと、衣装が気に入らなくてネガティブになったこと、おなかが空きすぎて子ども達が動けなくなったこと、など大変な面はあったけど子ども達はふざけたり、バックフィッツによじ登って遊んだり、楽しい時も過ごしたようだ。撮影の様子を写真に撮ったが公表してはいけないお約束なのでここに掲示できないが、子ども達が待ち時間に遊んでいる様子がうかがえる。 その1ヶ月後、撮影の結果がこれ。撮影がどんなものか全く知らずにちゃんと参加しただけでも立派だと親は思うのだが、P1が絵の具を手につけて喜んでいる姿は私にも想像できなかったこと。(逆に嫌がるかとおもったので)少しずつ予想のできない結果を見せてくれるようになったP1、これが成長なんだな〜(涙)子ども達よくがんばったね! これはIKEAの「解決を見つけようとすると可能性は無限」という新しいプロモーションの為のTVコマーシャルシリーズの一つ。パパが子どもを面倒みる日(Papadag)の提案で、託児所のコストが上昇する中IKEAの商品で玄関から入ってすぐ託児所のようになり、自分の子どもだけでなく近所の子ども達も集めて自宅を託児所のようにする解決策もあるよという内容。オランダのみの放映。このコマーシャルに対する意見は賛否両論。

P1 5歳の誕生日

P1は夏休み中に5歳になった。私が造形教室で教えている子ども達が4、5歳だから生徒さん達と一緒の歳になったんだな〜と妙に感動。5歳近くでいろんな成長を見せてくれたP1。一番の成長は気軽にお友達が作れるようになったこと。プレイグループの中に入りたくなくて泣いていたくらいだから、これは大きな成長だ。  前は嫌がっていた服も着てくれるようになったP1 オランダの学校では個人の誕生日を大事にしているのが素敵。誕生日の本人がケーキや小さなプレゼントを用意するのは大変だが、学校と日にちを決めて、その日の朝に親や小さな兄弟も招待されてちゃんとしたセレモニーをする。家族で学校にケーキを持って入ると、全てのクラスメートの親から「おめでとう」を言われた。 教室に入るとP1の為に先生が作ってくれたかぶり物とロウソクが5本用意してあった。子ども達は輪になって座り、P1は先生の隣に座る。まずロウソクを付ける為に部屋の電気を消し、ロウソクを1本ずつ付けながらP1の1歳から5歳までの思い出を話す。「1歳の時歩けるようになった?」「2歳の時peuterspeelzaalに行ってた?」など。全部のロウソクに火をつけて吹き消したあとは静かに願い事をし、その後は子ども達一人一人と握手、そのあとは歌の時間、そしてケーキの時間。ケーキを配る間は見てはいけない約束のようで、子ども達は皆机に顔を伏せていた。配膳ももちろん子ども達の仕事。ケーキを食べ終わって30分くらいのセレモニーは終わった。 P2ちゃんはお人形コーナーの小さな椅子でケーキをいただく 一人の子どもの為に30分も時間を使ってお祝いしてくれるなんて、子ども自身がうれしいだろうな。そんな子どもの気持ちを考えるとケーキも手抜きできなかった。ケーキはP1が先生に頼んで作ってもらったバットマンのかぶり物にあわせてバットマンに。自転車でもって行くので持ち運びのことを考え、シアター風にしてみた。  箱ごとラップをかけて自転車のキャリアーにすっぽり入れて移動。 ケーキを寿司詰めにしたので揺れに強くて正解だった。ケーキ自体は子ども達が食べ慣れていると思い、ビオのケーキミックスを使った。クリームは解ける事も考えて豆乳クリームに。爪楊枝で作った飾りが丁度持ち運びに便利だったようだ。 後から気がついたけど、クラスメイトだけでなく他の先生達にもケーキを配るのべきなのだろう。かなり多めに作っておいたので、職員室で食べてもらえたようでよかった。 学校にはケーキをもって行き、P1の他のお友達には小さなプレゼントを配った。 虫眼鏡を一緒に付けて「虫を観察できる」というコンセプトのはずが、どう探してもなかった虫眼鏡の代わりの万華鏡でちょっと違うコンセプトに、、まあ万華鏡でみる虫もきれいだけど、この国でちょうどいい素材を見つけるのは本当に難しい。 用意する親はきっと大変だろうけど、それだけ誕生日を大切にする国だからその努力が無駄に感じないのもありがたい。        

Last minute summer holiday

子ども達の夏休みが終わる最後の週に慌ててプランをたてて出かけてきた。計画は前日、ホテルの予約も前日、着いてからの予定なしで出発(笑)行き先はオランダの島Terschelling。Texel島のほうが良く聞くし大きいからいいのでは?と思ったけど、自転車好きの旦那は島に60kmの自転車道がある小さなTerschellingがいいというので、それに合意した。最近毎日乗っているP1の自転車をもって行けるように、キャンプではなくホステルに滞在したのがポイント。 夏休みなので電車は他の自転車で一杯だったけど、どうにか詰め込んで2回乗り換えをしてHarlingenという港で1泊。次の日にTerschellingに行くフェリーに乗る。時間にゆとりがあったので途中でサイクリングしたり、公園や遊び場を見つけて止まったり。移動時間をたっぷり見積もるのも子どもをハッピーにするポイント。 島での移動はもちろん全て自転車。P1は普段から自分の自転車に乗って通学しているから静かな島で一人で自転車にのるのは問題なかった。でもこんなに長い時間自転車に乗るのは初めて。集中力がなくなって来た頃にパパの自転車の後部座席に座るようにした。ここでP1は5歳になる前に磨きをかけた自転車技をさらに極めた。  浜辺に行く下り坂を走ってスキッドしたり。何度も転んだけど気にしていないみたい。。 ここでは簡単に子どものあそびを見つけられた。ある日は遊具のあるカフェでお友達を作って4時間過ごしたり、地元のクランベリー工場に行ったり農場に行ったり。ただお花を摘むだけでも楽しめた。もちろん浜辺で海水浴や砂遊びも。 驚いたことに行った全てのレストランのクオリティーが高かった。込み合っているけど待たされる事なく子ども達が泣く前に食べ物にありつけた。地元のクランベリーのジュースやチェリービールがさらにポイント高かった。 ホステルに滞在したのも正解、というのもプレイルームがあるし二段ベッドで楽しいし。子ども達は初めてベッドの上に寝ることができたし、ベッドに上ったり降りたりするだけで楽しかったようだ。そういえば2時間のフェリーの中にもプレイルームがあって助かったなあ。 注)これはベッドではありません また絶対戻ってくると決めて家に帰ったのだった。そして次の日からP1の学校がはじまった。  

チープな夏やすみ

p1の学校が7月6日から休みに入った。P1の誕生日は8月だから去年の夏はP1は託児所にいっていたのだが、今年はP1にも私にとっても初めてのまとまった休み。今年の夏は特にホリデーにも出かけないので、P1とは毎日何をするか考えないといけない。夏休みの1日目はP1を連れ出し公園を3カ所巡ってどうにかなった。出かける先々で知り合いに偶然会ったのでさらに都合がよかった。2日目は七夕会の日だったので、子ども達は旦那に連れられて七夕会の出し物に参加した。 その他の様子はここからもみることができる。そして3日目から1週間は私もまだ仕事に行っていたので普段通りに過ごしたが、その後P1も退屈してきたようだ。 それでもオランダは夏の日差して気持ちよいので、ホリデーでどこかに出かけなくても新鮮だった。屋外のプールに行ってあそんだり、ランチをゆっくりカフェで食べたり、お絵かきしたり、レゴを一緒に作ったり。 最近P2のハマっているものはバーバパパなので、P2とは殆どバーバパパのお絵描きをしている。P2も大分かけるようになったが、自分で体の形を描く事ができなくて満足できないらしい。それでも3歳になったばっかりの子が描くには十分しっかりしていると思うけど。でもP2は完璧なバーバパパが描きたいらしく、殆ど尽きっきりでP2の要求に答えなければならないので私もくたくた。そこで考えたのがバーバパパ紙。 色紙で体の形を切っておくと、そこに顔を自分で描けばかたちになる絵ができあがるのでP2も満足できるようだ。ステッカーも利用すると花が描けないP2にはちょうどいい。P2は他にバーバパパのDVDシリーズをみて楽しんでいる。このバーバパパのDVDシリーズはバーバパパ達が世界旅行をしていろんな動物がでてきたりアドベンチャーがあったりして、子どもには楽しいようだ。すべてオランダ語で何度もみているP2にはいい勉強になるし、DVDは1枚たったの5ユーロ。まだ4枚しか持ってないので全てを買って夏に小出ししながらみせるのもいいかもしれない。 パッケージも色別でわかりやすい。 そして我が家の通りに最近Coffee Plazaがオープンしたのと同時に自転車置き場だったスペースがカフェのテーブルエリアに変わった。夕方6時半まではカフェのテーブルだが、それ以降カフェは閉まるしテーブルは置いたままなので何が起こるかというと、、、 ディナーテーブルになるのだ。明るくて気持ちがよいので、私たち家族だけでなく近所の住人も利用している。いつでも家に物を取りに行けるし通りの様子を眺めて楽しめるし、レストランで食べるより都合が良い。何もスペシャルでなかった日でもここで夕飯を食べるとちょっと満足するのだった。子ども達は水鉄砲を運河に向けてうって遊ぶこともできる。しかもこの水鉄砲、P1が選んだ7ユーロくらいのものだけど、かなり気に入っている。 それでも夏やすみは始まったばかりなので、チープな遊びをもっと考えなければ!

P2ちゃん 誕生日BBQパーティー

家族で誕生日当日を祝った後、日曜日にP2ちゃんのお友達を招いてBBQパーティーを行った。BBQなので晴れて欲しい!と願いつつも、パーティーのお知らせメールを出したその日は寒くてザーザー雨。毎日天気予報をチェックして心配していたが、前日の寒さを吹き飛ばして当日はBBQ日和。P2ちゃんは運がいいのかも!?この日久しぶりに暖かくて晴れていたので、オランダに住む皆が外で過ごしていたかもしれない。 前からパーティーBakfietsを一度してみたかった。大きいBakfietsをテーブル代わりにいろいろ置いて、必要であれば移動できる、というもの。それが旦那の協力で実現した↓ 当日BBQセットやクーラーボックス、20ℓの水に飲み物すべてをこれに乗せていたけど、旦那は子どもだけを乗せた私の自転車と同じ早さで走っていた。 ケーキはシフォンケーキ2段重ねに真ん中の穴を利用してブーケをデコレーション。豆乳クリーム付きのイチゴフワフワケーキ、子ども達にも気に入ってもらえたようだった。 バースデーソングを歌ってもらっている間、P2ちゃんは照れて私にくっついていた。ローソクも吹けない状態だったのでお友達が吹き消してくれた。 BBQなので料理には特に力をいれなかったのだが、今回がんばったのはパーティーコーン。これも前から作ってみたかったもの。 市販のコーンを利用してステッカーや和紙テープ、ポンポンでデコレーションする。家にある半端な材料を使って一つ一つ違うデザインにしてみる。子ども9人分のコーンを作って気に入った物をお返しプレゼントとして持って帰ってもらった。 私の子ども達は親が忙しくてかまってもらえなかったので(笑)友達のパパやママに遊んでもらい、子ども同士であそび、プールに入ってびしょびしょになり、プレゼントであそび、、、全く手がかからなかった。P1&P2協力してくれてありがとう、そして世話をしてくれた皆にも感謝。 パーティーが終わった後ももちろんBakfietsで帰ったのだが、こんなお楽しみも♪ うちの子ども達はいろんな自転車にのれて幸せだな〜。 パーティーBakfiets、オランダらしくてとても良かったな。    

新しいブログ始めました Kyoko Kinder Kunst Klas

オランダでの生活や育児とアートのポストを一緒のブログに書いていたので、新しくアート関係のみのブログをスタートしました。 www.kyokokinderkunstklas.wordpress.com Kinderkunstklasとは「子どもアートクラス」という意味のオランダ語です。こちらでは主にアムステルダムの親子造形教室やオランダ式の誕生日のプレゼントアイデア、家で工作する時のアイデア、子どもとアートなどについて英語で綴っていきます。こちらもよろしくお願いしますね☆

ワークショップ作品写真

この間P1の学校で行ったワークショップで作った作品写真。我が子のものしかないけど、参考に。  子ども達に自分で色を選んでもらった額をつけると、立派な作品!  紙粘土で作った蟻。目にはカラフルな豆を使う。こんな箱に入れると標本みたいになる。  なんでも子どもたちに作らせる学校だが、値段のタグまで自分で作っていた。先生に3ユーロを払って作品を買い取り、早速家で飾っている。 余談だが、P1の学校に新しい校庭が最近出来上がった。ワークショップの作品を売る事は校庭完成パーティーに関連していたようだ。パーティーにはいろんなイベントが用意されていて、大人にも子どもにも楽しいものだった。  他の子が作った作品を買ってみた  プラスティック袋やスポンジでお花を作るコーナー。楽しいアイデア!  自分の願いを書いてプラスティック瓶にいれて、瓶をネックレスにしたりできるコーナー。このアイデアも新鮮。  ふるまいホットドッグを食べる子ども達。その他アート作品オークション、ブラスバンドの演奏やシアター、フェイスぺインティングやディスコなど、盛りだくさん。たくさんの子が仮装やおしゃれをしていて見るのが楽しい午後だったが、途中で土砂降りの雨、、、。どうにか子どもと買った作品を濡らさずにもって帰ったが、自分自身は頭から足の先までずぶぬれになった。  

P2ちゃん3歳

P2が3歳になった!アメリカ旅行から帰って以来ぐんと成長を見せたP2ちゃん。 誕生日当日は託児所の日だったので、皆とスナックを食べてお祝いしてもらった。もう一人誕生日の子がいたのでダブルパーティーだったらしい。 パーティーといってもオランダでは自分でケーキやプレゼントを用意するので、この日の為に準備が忙しかった。まずプレゼントには、3歳児の為にシンプル且つ自分で手を加えられるものを考えてみた。それは、、、、 コマ!2、3歳児はまだコマが自分でまわす事ができないので、こういう形のものを開発してみた。紙皿を利用して中心にはビー玉をつけている。皿の上から5本の指で軽くまわすと、簡単にコマをまわすことができる。周りには自分でステッカーを貼って、クルクル回るときに色が混ざるのがみえるというもの。隣にあるのはレーズンの入った箱を包んだもの。子どもはレーズンが好きだし、ヘルシーだし、食べ物をあげる場合の私のお決まりアイテム。 パッケージを作る場合、私はよくジップロックを使う。模様や色のついたジップロックをつかうとかわいいし、自分でラベルを作れば簡単にそれっぽいパッケージが出来上がる。開き口側にラベルをつけると、一度空けてしまったラベルがすぐゴミ箱行きになるので、わざと反対側にラベルをとりつけている。 これの他にスナックももって行かないといけないので、前日にせっせと用意した。託児所には甘いお菓子(クッキーやケーキ、チョコレート)はもって行ってはいけないので、ヘルシーなものを。今回参考にしたサイトはこれ そこからヒントを得てスープと供に食べる長いクラッカーを利用して、魚釣りのようにしてみた。  野菜の魚釣り。 お迎えに行った旦那によると、このスナックでかなり楽しんだらしい。  その様子が写真からうかがえる この日は託児所から帰ってきたP2の為にプレゼントとケーキを買って、おばあちゃんが送ってくれたメッセージに花を添えて待っていた。  3歳にもなると、自分が何歳かしっかりわかっているし、誕生日の歌も歌えて楽しいものだ。好みもはっきりしてきたので、プレゼント選びが簡単だった。  3本のローソクも自分でしっかり吹き消すことができた。P2ちゃん、お誕生日おめでとう!いっぱいおしゃべりして言葉を覚えて、一緒に世界を見ようね。発見や驚き、難しい事も楽しい事も目の前にいっぱい待ってるよ。楽しみだね!

オランダの学校でアートワークショップ

P1の学校でワークショップをすることを頼まれて、14人の子ども達と一緒に制作をしてきた。目的は4〜12歳までの違うクラスの子ども達が一緒に制作をして、その作品をチャリティーで売って売り上げを募金するというもの。 P1のクラスの先生に頼まれた時この目的をよく把握していなかったので、計画を立てるのに苦労した。難しい材料もなんとか準備してP1と一緒に学校に向かったが、当日までどういう風に進めていいのか予想ができなかった。特に私がオランダ語に自信がなく他のお母さんが手伝ってくれるということで安心していたが、当日手伝いのお母さんが来れなくなった(汗)担任の先生は泣く子や材料の準備で忙しいし、あまり手伝いを期待できなかった。 どうにか下手なオランダ語で説明をして制作を始めたが、結果は良いものだった。  製作中のP1 これは絵の具をストローで吹いて木にしたもの。これにハンマープリント(紙の間に葉っぱをおいて金槌でたたいて色をつける)した葉っぱを切って貼付ける。 紙粘土のボディーとプラスティックの羽、モールの足で昆虫を作り、ペインティングにフレームをつけて完成!(余りにも忙しくて作品一つ一つの写真も撮れなかったが) 3時間半の時間をいっぱいに使って子ども達が自分で作品を仕上げることができた。4歳児以外は手伝いがなくても自分で作っていたので、私は最後に少しだけ修正するだけだった。違う年齢のグループなので助け合いが少し見られたが、大きい子たちは自分の作品のディティールにこだわって忙しかった。小さい子ども達は難しい作業にもかかわらず、完成した時にはうれしそうな笑顔を見せてくれた。初めてオランダの子達にまともにワークショップをしたが、まず皆にやる気があったのでこちらもがんばった。それに走ったり時間を持て余す子も少なくて作業を進めやすかった。 私はワークショップの後にどっと疲れたが、普段オランダの学校の詳細を見る事がないのでとてもいい経験だった。今回自分の得意分野で奉公ができてちょうど良かったが、また機会があれば何らかの形で学校とかかわりたいものだ。

オランダのイースター

我が家ではいままで宗教色のあるイベントに特に積極的ではなかったのだが、P1の学校で盛り上がるのでシンタクラースのまねごとをし、今度はイースター(復活祭)。イースターとは全く無縁だったが、P1の学校でイースターの朝食を皆で食べるというので、しかも自分の子どもに朝食をつくるのではなくクジで決められたクラスメートになので、試行錯誤しながらいろいろ用意をしてみた。 オランダでイースターはPasenという。イースターについてはいろんなサイトで説明しているので省いて、学校ではイースターに向けていろんな工作を学校で行い、教室が賑やかになっていく。3月28日に朝食を食べ、29日〜4月1日までお休み。日曜日がEerste Paasdag (第一復活祭)月曜日がTweede Paasdag(第二復活祭)と言われている。月曜日にお店が閉まるので面倒だくらいにしか思っていなかったが、子どもがいる家庭では4日もお休みだなんて。家族と会うにはもってこいの日だが、外国人の私たちはイベントなどにでかけなければ間が持たん、ということで私たちはJacaranda Treeで行われる「黄色」ワークショップにでかける。他の人が行うアートワークショップに子どもと参加するのは初めてなので私が楽しみなのだけど♡ P1はクラスメートに朝食の入った靴箱を用意することになっている。靴箱は飾っていいということだが、P1にイースターの行事をさせた事もなかったので自分で飾りを思いつくわけはなく、私自身が調べながらアイデアを与えて手伝った。子どもが好きそうな事、、なので卵から思いついたAngry Bird(ゲームのキャラクター)を作ってみた。Angry BirdはP1が唯一遊べるゲームで子ども達に人気だ。鳥は丸い発砲スチロールに色を塗ってフェルトでしっぽやとさかを作って貼りつける。ラッピング用のフワフワを鳥の巣代わりにしてできあがり。 この箱をもらう事になっている子の希望は白いパン2枚に甘いものを挟んで、フルーツにリンゴ、飲み物にチョコレートミルク(笑)子どもが自分で選んだようで、甘いものづくし。こんな意味があるのかと感心しながらイースター色の黄色(太陽)と緑をふんだんに使い、ウサギ(多産、反映)や卵(復活)で内側もデコレーションしてみる。 家庭でもイースターブランチをするようで、そんなことも初めての私はメニューがどんなものか知る事から始める。ブランチはだいたいゆで卵、パン、Paasbroodと呼ばれる甘い詰め物が入ったパン、バターなどシンプル。そしてオランダでは固ゆでした卵をぶつけ合い(Eitje tik)するのが典型的だそう。2人が固ゆでした卵をそれぞれ1個ずつ手に持ち、卵のとがった方でお互いの卵にぶつけ合い、先に卵が割れた方が負けというもの。 そしてイースターにはつきももの卵の色塗り。我が家では卵をあまり消費しないので、プラスティックの卵に飾りをつけることにした。これは子どもの工作のネタにはちょうどいい。しかもひな祭りの時に買った桃の枝が役に立った(笑) しかしこんなかわいい卵を見つけてしまったので買わざるをえなかった。卵を茹でてもペイントはおちないそうで、1つ50セント。 しかしオランダは今日も気温はマイナスで一向に暖かくなる気配を見せない。そのせいか子どもは風邪気味だし私自身も風邪気味だ。春よイースターとともに早くやってきておくれ!