夏のおわりと新学期

オランダでは4歳になった誕生日の次の日から学校に通い始める。といっても義務教育は5歳からなのではじめの1年は幼稚園のようなものだけど、大きなお兄さんお姉さんがいる学校に通うのだから気分が違うであろう。8月に4歳になったP1は新学期の9月3日から学校に通いはじめた。はじめの1週間は午前中のみ、次の週からは全日になった。

託児所にいくのと違って登校が早いしお弁当も作らないといけないので、私たち家族みんなの生活時間が少し速まった。水曜日は午前中授業のみ、はじめの1年は月に1回の金曜日は授業なし、先生達の研究で授業がない日、などなど 細かいスケジュールにまだ慣れないでいるが、P1はとりあえず文句を言わずに毎日学校に行っている。P1に毎回クラスで何をしたか聞こうとするが、「本を読んでた」「水たまりをジャンプした」など、自分が一番楽しかった瞬間のことしか喋ってくれないので何をしているか詳細はわからない。先生の方もこちらが聞くまでわざわざ教えてくれない感じ。素敵だなと思ったのは、クラスに参加したばかりのP1にお仕事や生活のことをお世話する同級生がいるようだ。その子から聞くことや、たまに早くお迎えに着いた時にみる姿で想像するかぎり、モンテッソーリ特有の教具でお仕事をしたり、絵を描いたり、持参した写真で週末の話をしたりしているらしい。先週末は家族揃って近場のキャンプ場までサイクリングをして、P1は殆ど自分だけでキャンプ場まで自転車をこいだので話す材料はあったはず。それとかこの年齢にはありえないこんなグループに参加したりしたことも喋れるはずなんだけどね(もしP1のオランダ語が十分ならね〜)

FSO X WAOJ Street jam from Tom Lammerse on Vimeo.

その週末の詳細はパパのブログをみてもらった方がよくわかるが、キャンプ場はここ。アムスから近くて素敵な農場、朝食も素敵でおすすめです。

それと同時にP2のほうも9月からJacaranda Treeのコースを再開して楽しんでいる。

 水が大好きなP2、寒くても関係なし。

 新しいことにどんどん挑戦するようになって楽しそう

そして日本人幼稚園の週1クラスも始まり、P1はヒーローの本がまた借りれるので喜んでいた。今日は8、9月のお誕生日の子の会があるようだったので、少なくなった自分の時間を割いて植木鉢セットを用意してみた。紙コップに顔を作って種をまくと髪の毛のように芽がのび、しかも散髪みたいに自分で切って食べられるというもの。自分で育てると食べ物に興味がでるかもという期待を込めて考えてみました。

    その時々に似合うフォントを見つけて使うことも、時間が少ないと省略しがち、、、

P1が学校に毎日行きだしたというのに学校が休みの日も多いので、私の自由時間は前より少なく感じる。それに学校でのイベントや用意があると思うと、手作りのプレゼントさえ用意するのが難しくなってくるのでは!?こういうのはアイデアに一番時間がかかるので、日頃からアイデアバンクに貯金しておかねば。私のブログが同じように時間がないお母さん達のアイデアの元になってくれたら幸いです。

私のお勧めする材料屋さんのリンクも少し

Vlieger (Amsterdam) 紙専門のお店。紙袋や封筒、和紙などもあり

Roppongi (Amsterdam) 基本的にギフトショップですが、かわいいおりがみや小物があり、近所なのもあってよく行くお店。

Xenos (各地) なんでもやさん。工作系の材料が多くて安いのがうれしい。

Duikelman (Amsterdamと他数件) どんなところにも素材はあるもの!ここはキッチン用品専門店だが、竹串や紐が必要な時に。アイスクリームの棒も使えるアイテム。

 

夏休み

P1の4歳の誕生日は日本で迎えた。サマーホリデーに入る1ヶ月前に子どもを連れて日本に帰ることを急に計画し、少しの洋服とおもちゃ、近所の支援センターなどを急いで調べて帰国した。私ひとりで子ども二人を連れて日本に帰るのは初めてだったので不安な気持ちもあったが、「自分の国に帰るだけどうにかなる!」という勢いで出かけた。

実際、飛行機での大変な時間はなんとも感じさせないくらい日本での生活は大変だった。まず子どもよりも私のほうがひどかった時差ぼけ、あせも、食事、蚊やムカデなどの虫、などなど。それに知らない土地に来て子どもたちが不安だったらしく、人一倍ママっこになりトイレにも一人で行かせてくれない状態だった。私の母が個展前で準備しなければいけないのでなるべく何でも一人でこなそう!と思ったが、やはり母や姉の力を借りなければならなかった。

それでも子ども達は日本を十分楽しんだ。福祉子ども支援センターに初めて行って新しい曲や手遊びを習い、水遊びや畑で野菜の収穫を楽しみ、滝や川で水遊びをして楽しんだ。母の家ではテレビがない分、工作や自然の中での遊びが十分味わえたし、姉の家に滞在した時は宮島の水族館やこども科学館などの施設にも簡単に行けた。それだけでなく、やはり従兄弟や親戚が近くにいたおかげで子ども達は更に生活を楽しめたのだと思う。

子ども達の一番の変化は言語だった。父親が一緒にいなかったので朝から晩まで日本語。4週間もいるといつのまにか独り言をいうときの言語も日本語になっていた。

こどもがまだ小さいので負担は大きいが、これに懲りずにまた日本に帰って楽しみたいものだ。

うちにもこんな庭があればな〜

 川ではメダカとりや水のかけ合い。

 他のお友達と水遊び

 

 4歳の誕生日、姉が作ったケーキでお祝い。

 宮島の川ですべって洋服がびしょぬれ。まあ、いいか。

 

 妹背の滝 浅くて陰も多いので小さい子にちょうど良い

  比治山美術館 映像にのめり込むP2

むふふ、お揃いかわいい♡

Weekend pics

今週はグレーな日曜日だったので先週の晴れた日曜日の写真を少し。先週友達家族の次男君、R君の1歳の誕生日パーティーに招待された。場所は友達家族の家の近くにあるFlevoparkの内のJeugdland。こんなところがあるなんて知らなかったのが悔やまれる程とっても素敵な公園!鳥達が歩き回る中、DIY、ガーデニング、クッキング、水泥あそびをしながら自然と親しむことができる。BBQやピクニックも敷地内でしていいらしい。今年の夏にいっぱい行くことになるかも♡ P1はお友達とずっと外で遊んでてたのしそうだったな〜。

 子供達自身が建てた小屋はまるで迷路のよう。

ここはその友達家族がアレルギーのあるうちの旦那のためにわざわざ選んでくれた場所。探すのに苦労したようで、誕生日会ギリギリまで諦めずに探してくれたよう。感謝感激!!!しかも食べ物も旦那にあわせて全て乳製品フリーだった(涙)もちろんケーキも。そんな心優しいご家族のR君、きっっっと同じようにこころ優しい子になるんだろうな。R君お誕生日おめでとう!

誕生日会などには室内を借りることができるらしい。

この日の帰り二人は風船の上で寝るという荒技をみせてくれた。二人がかなりの注目を浴びたのは言うまでもない。

 

 

P2 is 2!

P2は5月のおわりにとうとう2歳になった。この日はオランダの祭日と重なっていたのでパーティーを開かない訳にはいかない!と思い同じ年頃の友達を招いてパーティーを開いた。

お昼寝が終わった3時から6時までという時間に設定したのに、P2はいつもよりずっと遅くにお昼寝して4時に起こした時にはまだ機嫌が悪〜い感じだった。でもお友達に囲まれてか、だんだん機嫌を取り戻し、いつものP2ちゃんに戻ってくれた。

母はいろいろ用意しましたよ。

子供達の為には瓶に入ったサラダバー、大人達にはおつまみ、夕食にはビーフシチューとシーフードグリル、カッパ巻き。

そしてケーキはこれ。

 紙コップで焼いたシフォンケーキ。日本人パティシエさんからアドバイスをもらい、シフォンケーキに決めた。これならうちの子供達はアレルギーの問題なく食べられるっていままで思いつかなかった。クリームにはじめて乳糖なしクリームを使ってみた。飾りに小さい風車やキャラウェイのチョコチップやロウソクをのせて。大きいお兄さんたちに手伝ってもらってロウソクを全部消した。

 お土産には動物がしがみついた鉛筆風車を手作りしてみた。イルカやカバもがんばってしがみついてます。それにくす玉なんかも作ったりして。

いつも料理や準備で疲れるから毎年簡単なパーティーを!!!と思うのになんだか作ってしまう。。。まあ自分が楽しんでるからやってしまうんだけど。

P2ちゃんもプレゼントのおもちゃであそんで、よく食べて、最後まで機嫌良く過ごしてくれました。P2ちゃんお誕生日おめでとう!!!パーティーは母からのプレゼントだよ♡

今日P2は託児所でも祝ってもらってるはず。オランダでは誕生日の人がケーキやプレゼントを用意するので、ケーキはなしにしてプレゼントだけ持たせた。レーズンの小箱をつつんだ家とえんぴつ風車の風車小屋、オランダっぽくしてみた。P2ちゃん今頃楽しんでいるかな?

 

 

Loopfiets三昧

Художник

p2がここ1ヶ月くらいloopfietsに夢中だ。はじめは足の間にはさんで歩いていただけだったが、サドルに座ることができるようになり、かたちになってきた。P1はバランスや運動神経が良いのでloopfietsに乗りはじめて上達するのが早かったが(こちら)P2はP1をみているからか、興味を持つのが早かった。しかし親のほうは大変だ。。。

お出かけの時はいつもloopfietsでないといけないし、途中で止まって動かなくなるし、道の真ん中を走りたがるし。なるべく彼女の意思を尊重しようとすると近所に買い物に行くだけで1日仕事。まあこんなに時間がかかるのも今だけかな。

P2ちゃん 初めてのモデル

大学時代からの親友がP1&2をモデルに商品の写真を撮りたいと言っていたので、日本帰国時にちょっくら働らかせてきた。

その結果がここ

OVLOVのブランケットの商品モデルさんです

親友の事務所でだましだまし撮ったんだけど、P1にはすぐ企みに気がつかれてしまい写真撮るのかなり難しかったと思う。逆にモデルも未経験で何もわかってないP2のほうはやりやすかったようだ。P1はシャイだし何かを頼んでもふざけるお年になっちゃったけど、P2はじっと座ってるのも大丈夫だし、なんせ短いお昼寝のあとに撮影だったからまだ眠かったよう。実際ブランケットが役立った。私もブランケットをひとつ頂いて使ってるが、本当に気持ちいい肌触り。P2がバギーで眠るときにはいつも使っています。

最近P2は2週間後の誕生日に間に合わせるようにぐんぐん成長している。言葉は少ないが何を考えてるのかよくわかるようになった。おもちゃの好みもはっきりしてきて、兄と一緒にミニカーを走らせたりロープフィッツに乗ったり、手先の細かい作業に集中したり、洋服や靴を自分で着たり脱いだり。まだ自分一人でできないことが多くてイライラして泣いているが、靴下が自分で履けるのってすごいと思う。(P1はまだ自分で履かないのに)言葉が少ないからちょっと心配したがすぐに追いつくかもしれない。

2012年こどもの日

подаръциオランダで解放記念日の5月5日は日本ではこどもの日。今年は新しいこの方が加わって存在感のあるものに。

こどもの日には少し遅れましたが日本から海を越えてやってこられました。生みの親であるオーマみんみんありがとう!オランダで荷物を窓から出し入れするのに使われるフックがあるのですが、それに引っ掛けてあります。風が強いのでよく泳いでおります。子供達はそれはそれは喜んでいます。

P2はこいのぼりを見る度に「ふぃすっ」と言い最近一番頻繁に言う言葉になり、P1は外に出る度に上を見上げて喜んでいます。子供部屋の窓に吊るしたので「こいのぼりが見える明るいうちにベットに行こう」と子供を早くベットに行かせるのにも役立っています。


外から見るとこんな感じ。建物が高いので鯉達が小さくみえる。。。

そしてもうひとつ。ロッテルダムの指導でちょうど作ることになっていて、見本用に作ったものをみてP1が「さむらい!」と叫んだ兜。よく知ってるもんだな、ああそういえば広島城でパパが試着してたもんな〜。宮島で買った刀を持って写真を撮ろうというとかなりノッてたような。

真剣な表情のつもりだけど、なんか可笑しい。

もちろんP2も被りたがって。

オランダでちゃんとしたこどもの日の用意ができるなんてうれしい。ただ、ちまきの代わりに作った草餅があんこが固すぎてまた失敗。来年はがんばるぞ〜!!!

 

 

 

Y君の誕生日

先日ハーレムに住むお友達のSさんの子供Y君の4歳のお誕生日パーティーにおよばれした。グラフィックデザイナーのSさんのお家はとっても素敵!インテリアもおもちゃ選びにもこだわりがみえる。手作りケーキは乳製品アレの私たちの為にわざわざ豆乳クリームパイを作ってくれて、、、手間なのにありがとう!!!

Y君は絵の具と筆で絵を描くのがすきなようなので選んだプレゼントがこれ。

memoのNatural Color12色セットと自分で紙をを作るキット。3月にお手伝いしたプロジェクト、Hope Step Japanで協力してくださったショップ、EcoLogischのお店で発見し、自分用にも購入してみた。試してみると本当にきれ〜いな色。

この色が全て植物や野菜などから作られている。買ってすぐにP1&2とお絵かきしてたのしんでるが、その絵の具の色にうっとりすることって久しぶり。SさんはFlatto81でカード作りなどもしているので、Yくんと一緒に喜んでくれたよう。子供達は自分たちであそんで楽しみ、一杯食べ、Sさんが用意してくれた鯉のぼりも作って帰った。Y君お誕生日おめでとう!

 

 

従兄弟S来蘭

日本から帰って来てしばらくしてアメリカのオーマとオーパ、義姉とその娘のSがそろってアムスにやってきた。P1&2にとって会話ができるようになった従兄弟Sと会うのは初めて。4歳のSはもう幼稚園に通っているが春休みを利用して1週間だけの滞在。4人はシンゲルにあるアパートに滞在していたが毎日会って遊ばないわけにはいかない。天気が悪いにもかかわらず、毎日外で遊んでどちらかの家でディナーをした。

子供達を連れて出かけたところはScheepvaartmuseum、 Artis、 Tanfun、 Vondelpark、 Westerparkなどおなじみの場所だが、ニューヨークに住むSには新鮮。タダでポニーに乗ったりおおきな公園のアスレチックに挑戦したり、バックフィッツに乗ったり、スクーターに挑戦したり、よい経験だったと思う。P1にとっても英語で会話できる同年代の子なので、ほっといても問題なかった。ただやはり男の子と女の子なので興味の対象が違って、同じレゴでもP1は乗り物を作って走らせているがSはピンクの戦士だけで遊んでいたけど。P2は最近人見知りが激しいので一緒に遊ぶのは無理だったが、なんでもまねしたがるお年頃なので、兄達のまねをしたりして。

iScream

オーパは80歳を超えても毎年アムスにやってくるから元気だとはいえ、去年手術した膝と足首のリハビリが進んでおらず、ゆっくりしか歩けない。なので昼間は子供と親で外遊びをして、夕方に全員でゆっくりすごした。オーマは料理が上手でいつもおいしい手料理をアパートで作ってくれる。オーパは料理は得意ではないがいつもサラダや野菜を担当して協力しているのは微笑ましい。

子供達は日本とアメリカの従兄弟達に会えて親近感がでたはず。毎年会えるようにがんばって旅行しなければ。