アスリートキッズの生活1

学校だけが全てじゃない

現在10歳の男の子(P1)と8歳の女の子(P2)を持つ日本人母のアムステルダム・キッズアスリート生活を綴った独り言です。

P1の専門は自転車。自転車を乗り始めたきっかけは父親がアムステルダムで自転車業をしていることもあるが、1歳半から自転車を乗り始め驚くべきバランスと鋭い観察力でロードバイク、マウンテンバイク、ベロドローム、BMX、一輪車を乗りこなし、日々技の習得を楽しんでいる。

P2の専門はダンス。2歳から幼児ダンスを始め、クラッシックバレエ、モダン、シアターダンスを経験後、今はストリートダンスと新体操の練習に日々取り組んでいる。即興で踊るのが大好きで柔軟な体が自慢。

二人はオランダのモンテッソーリ式小学校に通っており、学校が終わるとそれぞれの活動に励む。例えば火曜日はP1は所属するサイクリングチームとの練習があり、P2はストリートダンスの練習がある。わたし一人では送迎ができないので旦那が仕事から早めに帰って来てP1の練習に連れていく。木曜日はわたしが外で仕事があるので、旦那が学校から子ども達のお迎えし、P1が自転車を競技用に乗り換えて、P2をバクフィッツ*に乗せて12キロ離れたP2の新体操の練習場まで連れていく。その後P1を自転車の練習場まで連れて行った後にそれぞれ練習が終わった子ども達を迎えたあと家まで帰るというハードなスケジュール。そして週末にはP1の自転車レースがあるので旦那がオランダ各地にP1を連れて行き、P2は家でフリーダンスを楽しんだりトランポリンに行って技を特訓したり。P1のレースのシーズンになると家族4人で揃う日がほとんどないという状態。それでも子ども達のスポーツをサポートしているのは、スポーツを通じて学校では得られない貴重な経験をしているからである。

例えばP1は学校では控えめで皆の前で発表するのは苦手。友達は多い方ではなく、少人数の親友とだけ遊ぶタイプ。学校であまりハツラツとしていないので、一時は学校に相談してシャイな子どものためのプラグラムに参加させたりしていた。

自転車関係の仲間の中でのP1は少し違うようだ。P1は7歳からオランダの自転車レースに参加しているため、今ではレースで会う顔見知りが多い。レースが終わるとお互いの自転車の技を見せ合ったりおしゃべりをして楽しそうである。レース自体は40分くらいなのだが、それ以外はず〜っと遊んでほぼ半日を過ごす。P1の性格はこのグループ中でも大きく変わることはないが、P1がレースで1番になったり難しい自転車の技を練習していることを認めてもらっているようだ。そして自分ができない技をする友達のことを目をキラキラさせながら話してくれることもある。自転車という共通の興味から友達になったが、その他の違いもお互い受け入れられる仲間になっていったようだ。レースに出場し始めて以来そこから得る自信が学校生活に少しずつ影響しているのを感じる。自分のクラスに同じように遊ぶ友達がいないからと誘うのを止めてしまったP1だったが、今では放課後に学校の友達とスケボーパークにいく約束をしたり、週末に学校外の友達とBMXコースに行く約束をしたり忙しい。学校で自転車好きがいないおかげで友達の幅がより広がったようだし、学校以外の友達も作るようになった。

P2についてはどうか。P2は今では社交的でおしゃべり好きな明るい性格だが、小さい頃はオランダ語でうまく表現できず、クラスではとても無口だった。自分が注目の的になるのを避け、何をするにも恥ずかしがっていた。2歳になってから近所の幼児ダンスに通い始めると、音楽にあわせて踊ることを楽しみ始めた。3歳の頃のお気に入りは白鳥の湖。長いダンスをビデオを観ながら真似したり、3時間近くあるバレエをシアターで鑑賞したり、好きなことにどっぷりはまっているようだった。4〜7歳は色々なダンスを体験させていたが親として少し物足りない気がしていた。というのも、ダンスを習うとどこでも学年末に発表会があるのだが、人に見せるために集中して練習するチャンスが1年に1回の発表会前だけなのだ。もちろんP2は自分なりに完成させたダンスを披露してくれるのだが、いつも緊張感を持ってダンスをするとどれほど伸びるのだろう?コンペに出るならP2はもっとやる気が出るんじゃないか?

その思いからP2に勧めたのは新体操。本人も体操と新体操の体験レッスンを受けて新体操が気に入ったようだった。新体操はかなりの柔軟性が問われ、音楽のリズムをつかみ柔軟に踊りつつ、かつボールやリボンなどの道具も使いこなさないといけない。P2にとっては今までの経験の総合であり、しかも選ばれれば大会に出場するチャンスもある。P2はリクリエーションレベルのグループからスタートしたが、柔軟性を認められ大会に出場できるレベル1にすぐに上がった。それでも練習は週に2時間しかないので、家で毎日のように自主練習している。そして学校の自由発表では自分で考えた創作体操を一人で披露するほど自信がついたようだ。

このように好きなことから発生する自信が子ども達の発達に大きく関係していることがわかる。私自身小さい頃はピアノ、手芸、料理などスポーツ以外のアクティビティーしか手軽に参加できなかったが、それはそれで楽しんだし器用になったと思う。しかし私の幼少期は競争や何かを達成できる環境がなかったし、自ら進んでしようとは思わなかった。しかし我が子の経験から子どもには少しの緊張感や競争があるとさらに伸びると確信したのである。今我が子に良い環境を整え十分な精神面の成長が感じられるので、学業は学校に任せるとして、母親の私は食事や健康面でのサポートに徹している。

New Year New Site

HNY_2016

あけまして おめでとうございます

2016年のはじまりにオランダの海岸に寒中水泳を観に行きました。

自分たちはとても参加する気にはなれませんでしたが

気合いをいれて海に飛び込むオランダ人親子をみて

近い将来参加するのもいいなと思いました。

 

 

 

 

いつもゆっくりペースの私ですが、今年は「猿のように素早く行動」を目標にがんばります。

このサイトのデザインも新しくかえて、BlogはDiaryで見れるようにしました。アート作品やその他の活動も

このサイトで全部みれるようにリンクさせました。

これからも宜しくお願い致します。

稲留京子

 

 

 

2015

snowcard2015-final1

今年も1月1日に年賀メールの作業に追われ、3日になってやっとこのBlogにアップ。Blogを更新する事も少なくなり去年のポストも1ページですべて表示できるくらいになってしまい、、、。

2014年は教育に関するワークショップに参加したり本を読んだりオランダ語の勉強に時間を費やしたり、 自分の一番感心ある事の為の勉強を子育ての合間にがんばった。まだまだ学ぶことはいっぱいあるけど、そのリズムができたのは大きな発展だ。

皆様の2015年も楽しくクリエイティブである事をお祈りしています。

*今年の新年のカードデザインは親子でハマった「Frozen」がテーマです。

osechi1

おせちの盛りつけが多少上手になったのとP2も少しおせちを食べてくれたのは大進歩!

Gelukkig Nieuwjaar

あけましておめでとうございます

昨年は皆様にとってどのような年でしたか?私自身は風邪をひいて長いこと調子が悪かったり眠れなかったりイライラしたり、あまり調子の良い年ではありませんでした。年の後半に一人で日本に一時帰国をしたことでいろいろ自覚するきっかけができたので、健康でいること、ポジティブに考えること、運動することをキーワードに2014年を過ごそうと思います。

皆様も健康で楽しくよりクリエイティブな2014年になりますように。

happynewyear-2014 (1)

osechi-2014

欲しかった食材が手に入らないのと買い物の時間も限られていたので、御節っぽい普段食でお祝いしてみた。子ども達は朝からこのようなご飯を食べるのに慣れていないのでP2はいつものヨーグルトやパンを欲しがって全く手をつけなかったけど、P1は喜んでいた。もう少し盛りつけの勉強をしたいところ。

P1のお仕事が終わるまで

新学期が始まって落ち着いた頃、登録していたP1のモデルエージェンシーから連絡があり某家具メーカーのコマーシャルのオーディションがあるというので、都合もつくしパパが連れて行く事になった。だいたいこういう連絡は必ず急に入って来る。オーディションの1週間前にメールで募集して、オーディションの時間10分前に電話で「脚本が変わって3歳以下の子どもを撮影する事になったから来なくていい」ってキャンセルされるし!!パパはたまたま休みの日だったけど、わざわざ休みをとった上に向こうからキャンセルしてたらどれだけ憤慨してただろう。しかしP1は年齢の割に小さいということでオーディションには結局参加して帰ってきた。

オーディションの様子を聞いたところ、1回目は親がいると子どもの気がちるということでパパから離され悲しいP1を椅子に座らせて、別のパパと一緒にテーブルで座っているところを撮ったらしい。全くやる気の出なかったP1は下を向いていたらしい。泣かなかっただけまし。しかし帰ろうとするところを次の子役が来なかったかなにかで、2回目の撮影をすることになった。今度のパパはコメディアンばりに面白かったらしく、P1は段ボールをかぶってふざけるくらい盛り上がったらしい。この撮影の時はP1のパパもカメラの後ろで見る事ができたらしい。私は今回の撮影を全く見ることができなかったのだが、パパから聞いたP1の様子が手に取るようにわかった。P1が最後にモデルをしたのは1歳半の頃。当時は歩く&よじ登るのが楽しい時期に寝転がってのフォトシューティング。じっとできないP1をなんとかシャボン玉でつって寝かせたが、写真なので瞬間じっとできればどうにかなる。それにPhotoshopで上手に修正できてしまうからどうにかなった。だけど今回はフィルムなのでP1がどこまでやる気になるか、そして嫌で泣いたりしないかかなり心配だった。

1回目のP1の撮影の様子を見て戦法を変えたのか、次はエージェンシーから「P1がリラックスできるようにP1の友達を連れてきてほしい」というリクエストがあった。私としてはなぜ私たちが子どもを集めないといけないのか?と思いつつも、P1が楽しむだろうからとクラスメイトを2人連れていくことにした。P1の友達の親達も撮影所までついて来るのをアレンジするのが大変だっただろうに、兄弟連れでもきてくれた。友達が3人も集まると皆撮影所ではしゃぎまくり、子ども達は楽しんでオーディションを終えたらしい。でもこの撮影の時もその後も全くP1が選ばれたという連絡はなかった。

撮影の1週間前だろうか、エージェンシーからメールでP1ともう一人のクラスメイトが撮影に選ばれたという連絡をもらった。そしてその日からは毎日エージェンシーと細かい連絡をとる。クラスメイトの親は共働きなので昼間の連絡が大変だったらしい。撮影の場所が言い渡されたのは3日前くらいだった。

撮影の日、この日までにP1に仕事とはどういうもので仕事をすると報酬がもらえる(から君の好きなおもちゃが買える)ものだと言い聞かせていた。撮影が仕事だと言う感覚がないP1には、彼の世界のもので説明するしかなかった。毎日撮影に対してネガティブになったりポジティブになったりを繰り返したP1だが、当日はパパに連れられてP2と楽しそうに出かけていった。普段の学校より早く出かけ、そして夕方になってようやく帰ってきたP1は買ってもらったおもちゃに興奮していた。

のちに様子を聞くと、待ち時間が長かったためもって行ったDVDが皆の役に立ったこと、衣装が気に入らなくてネガティブになったこと、おなかが空きすぎて子ども達が動けなくなったこと、など大変な面はあったけど子ども達はふざけたり、バックフィッツによじ登って遊んだり、楽しい時も過ごしたようだ。撮影の様子を写真に撮ったが公表してはいけないお約束なのでここに掲示できないが、子ども達が待ち時間に遊んでいる様子がうかがえる。

その1ヶ月後、撮影の結果がこれ。撮影がどんなものか全く知らずにちゃんと参加しただけでも立派だと親は思うのだが、P1が絵の具を手につけて喜んでいる姿は私にも想像できなかったこと。(逆に嫌がるかとおもったので)少しずつ予想のできない結果を見せてくれるようになったP1、これが成長なんだな〜(涙)子ども達よくがんばったね!

これはIKEAの「解決を見つけようとすると可能性は無限」という新しいプロモーションの為のTVコマーシャルシリーズの一つ。パパが子どもを面倒みる日(Papadag)の提案で、託児所のコストが上昇する中IKEAの商品で玄関から入ってすぐ託児所のようになり、自分の子どもだけでなく近所の子ども達も集めて自宅を託児所のようにする解決策もあるよという内容。オランダのみの放映。このコマーシャルに対する意見は賛否両論。

新しいブログ始めました Kyoko Kinder Kunst Klas

オランダでの生活や育児とアートのポストを一緒のブログに書いていたので、新しくアート関係のみのブログをスタートしました。

www.kyokokinderkunstklas.wordpress.com

Kinderkunstklasとは「子どもアートクラス」という意味のオランダ語です。こちらでは主にアムステルダムの親子造形教室やオランダ式の誕生日のプレゼントアイデア、家で工作する時のアイデア、子どもとアートなどについて英語で綴っていきます。こちらもよろしくお願いしますね☆

2013 Happy New Year

あけましておめでとうございます。

クリスマス、年末と私自身が風邪をひきP2も熱をだして調子が悪かったのですが、風邪もなおりつつありP2に笑顔がみえはじめました。健康であることがどれだけ大事か毎年実感しています。幸いP1は病気もせず一人でも元気に遊んでくれたことで家族皆が救われました。今年皆様が健康で笑顔のある年である事をお祈りしています。

お雑煮を食べてお餅を飾って少しだけ日本のお正月をしました。

2012

СВЕТИ ГЕОРГИWe didn’t have a good start for the new year…I hadn’t been healthy and H had a terrible headache from ear infection and P2 had been crying so much. We were so tired of being sick. We are fine after going to a doctor to get medicine and some advice for P2.

But it doesn’t mean 2012 is going to be a difficult year. We learn from the experience so the same things will never happen!

Peace and many smiles for everyone!

Donation to Japan

Today we have transferred the donation to Japan. We managed to raise 4606.05 euro donation by organizing a Live Aid charity event in Amsterdam. We managed to realize this event in two weeks thanks to a lot of support from friends and organizations. Many thanks to Mediamatic who offered us to use their space! We hope to continue working to support our families and friends in Japan. 30 March 2011

今日義援金を日本に送金しました。アムステルダムでライブエイドチャリティーイベントを行い4606、05ユーロの義援金を集めることができました。たった2週間でこのイベントを立ち上げる事ができたのもたくさんの友達や団体からのサポートがあったからです。場所を提供してくれたMediamaticには本当に感謝しております。これからも日本にいる友人、家族をサポートする為に活動を続けたいと思っています。2011年3月30日

 

2011

Happy New Year

明けましておめでとうございます

Gelukkig Nieuw Jaar

2010年に+1のピアが生まれてから賑やかに生活しています。子供の成長はすごいです。ぐんぐん大きくなってどんどん世界を吸収していきます。子供の世話の慌ただしさで忘れがちですが、私もこのように日々新しい事を習う生活を心がけたいものです。皆様今年も家族共々宜しくお願いいたします。

毎年年賀メールの作成がギリギリです。今年のものは12月31日夜に作って新年になってすぐ皆に送ったという始末。ヘンリーは時間がないのでデザインはだいたい私が考えてフォトショします。子供が出来てから子供をネタにできるのでちょっと楽です。